恋愛の手法に触れて嬉しいと思った事例について

色恋の方策に触れるとドキッとしますよね。そして嬉しくなります。私も何度も色恋の方策に当たることがありました。そこで今回は、そういうキャリアについて書いていきたいと思います。
中高生の時は、思いがけず触ることが多くあり、ドキッとすることが多かったです。普通の色恋もそうなのですが、それが好きな目当てとなると嬉しくなって、幸せになっていました。一寸だけ、ちょっとだけ触るというのが堪らなかったです。
生徒になると、しっかり方策にさわることが多くなりました。例えば、たぐいでの事象だ。男女で方策をつなぐレクレーションだったり、高タッチだったりとステージは色々でした。中でも方策をつなぐのは最高でした。彼氏がいなかったため方策をつなぐ機会が全くなかったからです。なので、レクレーションで方策をつなぐだけでもとても幸せで、ずっとつないでいたいということもありました。つないで要る時だけは、その目当てが彼氏だと思っていました。
今も方策に接するイベントは時々あり、その度にドキドキしていらっしゃる。

筆者について

toukouid

記事を表示 →